ホーム未分類グリーンスムージーのオススメの飲み方&悪い飲み方

グリーンスムージーは効き目が高くなるオススメの飲み方と逆に効き目が無くなる悪い飲み方があります。この点を知っておくとより良いグリーンスムージーの効果を期待できるでしょう。では効き目のある飲み方と効き目のない飲み方をご紹介します。

グリーンスムージーを作るときには野菜と果物を切って入れると思います。この時に面倒を減らすためにあらかじめ切っておく人がいるんですよね。確かにいちいち切らなくていいので面倒がなくて魅力的なように感じます。しかしこの飲み方は良くないのです。野菜や果物を予め切って放置しておくと、切った部分から栄養分が漏れ出します。栄養分が抜けてカピカピの状態の野菜や果物を使っても本来の栄養分の失ってしまっています。これでは元々取れるはずの栄養分が吸収できなくなってしまうので気を付けましょう。グリーンスムージーを作る際にはいくら面倒くさいと思っても、その日にカットして作ることをオススメします。

それからグリーンスムージーを作って時間を置いて飲む人がいます。飲んで見たら分かりますが、時間を置いたグリーンスムージーほど不味いものはありません。ミキサーに入れて混ぜてすぐのグリーンスムージーはどろっとしているものの、とても飲みやすいです。しかし時間を置いてから飲もうとするとどろどろした部分が余計に目立ってくるので、のどごしが悪く飲みにくくなるのです。味も濃くなるので飲むときに苦労します。グリーンスムージーは作ってすぐ飲むことで美味しく口にしてください。

グリーンスムージーに入れる果物は数種類入れます。その果物はまるごと入れると方が栄養価が高いです。キウイや柿や梨やリンゴなどは入れても全く味に影響がないので、皮を取らずに入れてください。皮の下は栄養価が高いです。まるごと入れた方が栄養分を取るためには良いので、全部まるごと切って入れましょう。

このようなオススメの飲み方で飲むことをオススメします。悪い飲み方をしていると必要な栄養を逃してしまうので、注意してください。


コメント

グリーンスムージーのオススメの飲み方&悪い飲み方 — コメントはまだありません

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>